コウモリ退治にはどのような方法が有効か

コウモリは、洞窟などの多く生息していることや、出没時間帯が夕刻からとなるために、一般的にはあまり目にすることが無い動物です。しかし、最近では人家に入り込み住み着いてしまうことも多く、この場合、音や臭い、糞による被害が生じることになります。家屋に存在が確認できた場合にはコウモリ退治を行うことになりますが、まず、行う前にコウモリの習性を把握しておく必要があります。一般的にみられる種類はイエコウモリという、体長4〜6?、体重5〜10g程度の非常に小さなタイプです。
2?程度の隙間であれば入り込むことができ、夜行性であるために、活動は日没後に活発になります。
ユスリカや蛾など虫を捕らえて食べるために益獣としての役割も非常に大きく、鳥獣保護法によって殺傷や捕獲は禁止されています。



コウモリ退治は、追い払うことで行うことになり、対策としては、忌避スプレーによる追い出し、虫取り網による捕獲、バルサンなどの煙による追い出し、蚊取り線香、超音波、強力磁石による方法などがあります。


どれもがホームセンターなどで簡単に購入をすることができ、中でも、超音波と協力磁石はコウモリの習性を活かした方法となります。

Yahoo!知恵袋情報を利用しましょう。

コウモリは習性として超音波を発射し、反射してくる音波を受けることで障害物を避けたり捕食をすることができます。

超音波による方法は機器を利用して行い、コウモリが発する超音波を乱すことで近寄らなくさせる効果があります。強力磁石による方法も原理的には同様になり、磁力によって影響を与える方法となります。
コウモリ退治で注意が必要となる点として、決して素手では触らないことがあります。



理由としては野生動物である以上何を持っているか分からないことがあり、種類は異なるものの、海外では、狂犬病、エボラ出血熱の宿主とされていることを理解しておく必要があります。