ジェル忌避剤でのコウモリ退治

屋根裏などにコウモリが住みついてしまうケースは少なくありません。



屋根裏などにコウモリが住みついてしまうと、フンや尿の被害が大きくなります。
フン・尿だけでなくコウモリが持つダニによる感染症、そして動き回る騒音に悩まされるようになります。

毎日新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

コウモリや夜行性の動物です。
夜中に眠れない程の音がして、不眠症になってしまう方もいる程です。
このような問題が起こるので、住みついてしまったら、コウモリ退治をする必要があります。
コウモリ退治といっても捕獲したり、毒エサを置いて処分するという事は出来ません。


鳥獣保護法という法律によって、コウモリは益獣として指定されています。


害虫と同じような方法で退治してしまうと、法律違反となってしまうので注意が必要です。



コウモリ対策はあくまで、コウモリを外に追い出す目的で行います。ジェル状の忌避剤は効果が長持ちするので、コウモリ退治におすすめです。


ジェル状の忌避剤にはコウモリが苦手とする香りがつけられています。

屋根裏などにジェルをつける事で、コウモリが住みにくい環境を作る事が可能です。スプレー状の忌避剤もありますが、このタイプは忌避の効果が約4時間かた6時間程度しか持ちません。
ジェル状の忌避剤であれば、1年以上は効果をキープ出来ます。

ジェル状の忌避剤でコウモリの追い出しに成功できたら、コウモリが出入りする場所を塞ぎましょう。
ただ、子育て期間となる7月から9月ごろは、追い出しが難しくなります。
子供が巣立ったのを確認してから、ジェル状の忌避剤を使い対策する事がおすすめです。